運輸デジタルビジネス協議会(TDBC)

当協議会は、運輸業界と、ICTなど多様な業種のサポート企業が連携し、デジタルテクノロジーを利用することで運輸業界を安心・安全・エコロジーな社会基盤に変革し、業界・社会 に貢献することを目的として設立されました。

運輸デジタルビジネス協議会
設立のプレスリリースを読む

(2016年8月9日)


運輸デジタルビジネス協議会設立の背景

  • 昨今運輸業界は様々な環境変化(異業種参入、少子高齢化による人材不足、法改正、規制緩和等)に直面し、厳しい事業環境にさらされています。
  • 技術分野においては、デジタル化、IoTなどに代表される、業務改善や安全運行に資する技術やシステムなどの多様なソリューションが存在します。
  • 現状ではそういったソリューションは、各事業会社が個社ごとにSI事業者、システム開発会社などに発注し、自社向けの開発を依頼、もしくはパッケージ製品を購入し、カスタマイズして利用しています。
  • 運輸業界における企業規模の特徴としては、小規模事業者の占める割合が圧倒的に多い傾向があります。大手事業者であればソリューション導入に対してコストをかける企業体力がありますが、小規模事業者はコスト負担が難しいため、様々なソリューションを利用したくともできないという事例が多々見受けられます。
  • 一方、優良な技術やソリューションを持ちながら、営業力や企業体力が乏しいため、十分な市場開拓機会を持てないサービス提供企業もまた、多数存在します。

当協議会の活動指針

  • デジタルテクノロジーとおもてなしのこころで、運輸業界のイノベーションを実現し、革新的、かつ小規模事業者でも利用可能な低コストサービスを提供する。
  • デジタルテクノロジーの活用により運輸業界の労働環境を革新し、高い労働生産性を実現するとともに、安心・安全な職場環境を提供することで、優秀な人材の確保と安全運行を実現する。
  • 乗務員の健康を守り、促進する仕組みと教育の場を提供することで、人材不足などの業界の課題解決に寄与する。
  • 協議会での活動、成果を積極的に公開し、業界・社会に貢献する。
Card image cap

運輸デジタルビジネス協議会ご案内パンフレット

PDFで詳しく読む

概要

TDBCの活動報告

TDBCの理念や、運輸事業各社とICTサービス提供企業の間で行われた「株式会社フジタクシーグループさま」及び「P&J株式会社さま」の実例をご紹介させていただきます。

活動報告を読む