活動について

一般社団法人 運輸デジタルビジネス協議会は、タクシー、トラック、ダンプ、バスなどの運輸事業会社とICTなどの企業による連携で、運輸業界を安心・安全・エコロジーな社会基盤に変革し、業界・社会 に貢献します。 課題別のワーキンググループ、最新のテーマに沿った会合や企業訪問や勉強会など、精力的に活動しています。 ご参加や詳細については、事務局までお問い合わせください。

2020.8.25-第18回会合レポート

新型コロナウイルスの影響で今年度のワーキンググループの開始が遅れ、7月から順次グループ別にWeb会議でキックオフを実施しました。 グループごとに1,2回のWeb会合を開催した結果として、今期の活動方針をこの場で発表しました。ここで内容を確認し新たにワーキンググループに参加される会員も増え、当日はWeb開催で過去最大の142名の方にご参加頂きました。併せて、重要な経営課題となっています新型コロナウイルス対策と7 月に新たに国交省から発表のあった運輸防災マネジメントに関して協議会サポート会員のMS&AD インターリスク総研株式会社、三井住友海上火災保険株式会社に講演をいただきました。

 
 

 

三井住友海上火災保険株式会社 九州支社 藤田大輔様より、「With コロナ」対策支援について、新しい働き方を支える人事労務情報や、制度構築の支援についてご紹介頂きました。

 

 

つぎにMS&ADインターリスク総研株式会社の石橋潤様より、国交省の「感染拡大予防ガイドライン」と「業界別マニュアル」をもとに自社独自のマニュアルを作成と、濃厚接触者の判断と保健所への対応のポイントについてご説明頂きました。また7月に発表された「運輸防災マネジメント指針」について、国交省の評価体制などをご紹介いただきました。

 
 

ワーキンググループ

本年度はテーマの見直しを最低限とし、2019 年度の深堀りを前提として実施します。WG は、WG05B をWG05A に統合した以外は、WG01〜WG07 のワーキンググループを継続としています。WG全体キックオフとして、各グループから今年度の活動方針が発表されました。

 

WG01

事故の撲滅と実現のための乗務員教育

WG02

乗務員の健康増進と新型コロナウイルス対策

WG03

MaaSへの取り組み

WG04

人材不足の解消

WG05A

様々なデバイスに対応する位置情報管理プラットフォーム実現

WG05C

無人AI 点呼実現への挑戦

WG06

運輸業界共通プラットフォームの構築

WG07

遠隔操作による建設現場の課題解決

 

 

 

 
 

新規会員ご紹介

  • 菱木運送株式会社
  • 日本郵便オフィスサポート株式会社
  • システムギア株式会社
  • 日野自動車株式会社
  • 株式会社システムライフ
  • 鈴与カーゴネット株式会社
  • アクティア株式会社
  • 丸和運輸株式会社
  • 梅田運輸倉庫株式会社

 
 

事務局より

  • 一年間のワーキンググループ活動をより円滑に有効に進めていくための年間スケジュールを提案
  • 協議会新理事就任について 中日臨海バス株式会社 代表取締役会長 森川道博さん(令和2年4月14日就任)
  • オブザーバー会員制度の終了と、新型コロナウイルスでの影響により参加が困難な場合や年会費の対応について

 
最後にWG ごとの情報共有会を実施の予定でしたが、事務局側のZoom の設定の問題で、一部しか実施できなかったため次回WG の会合を情報共有会として見学参加可能とさせていただきました。

2020.1.24-第17回会合レポート

ワーキンググループの活動も大詰めを迎え4月のTDBC Forumに向けた中間発表と、併せてグループの枠を超えた情報交換尾場として新年会を開催しました。94社135名の大盛況で新しい年を迎えることができました。

 

 

講演:「運輸・運送業における健康起因事故・高齢化対策」

株式会社トライプロ 代表取締役 高木宏昌 様より、疲労と認知症の発見や防止のための ソリューションをご紹介頂きました。

 

ワーキンググループ

ワーキンググループからは、各グループを代表してForumに向けた中間発表がありました。

 

WG01

事故の撲滅と実現のための乗務員教育

WG02

乗務員の健康課題

WG03

MaaSへの取り組み Season2

WG04

人材不足の解消、リソースシェアリング

WG05

先端技術によるイノベーション実現

WG05A

車両動態管理プラットフォームの実現

WG05B

屋内外の位置情報の利活用 (準天頂衛星)

WG05C

AI活用による点呼の完全無人化 (経営課題)

WG06

運輸業界共通プラットフォームの構築

WG07

建設機械・建設業の自動化等による課題解決

 

 

 

新規会員ご紹介

  • 株式会社イージスワン
  • イネーブラー株式会社
  • 株式会社パスコ
  • 矢崎エナジーシステム株式会社

 

事務局より

2019.11.14-第16回会合レポート

6月に新年度のWGがスタートし5か月が経過しました。今後は2020年1月のWG中間発表、4月のTDBC Forumが予定されており、各グループ活発な活動が進んでいます。今回の会合はWG参観日と題し全グループが集まり、ふだん所属していないグループの活動内容から新しい情報を収集し、グループを越えた開催となり66社93名の方が出席されました。

 

 

WG01

事故撲滅と実現のための乗務員教育

WG02

乗務員の健康増進

WG03

MaaSへの取り組み Season2

WG04

人材不足の解消、リソースシェアリング

WG05A

先端技術によるイノベーション実現(動態管理プラットフォーム)

WG05B

先端技術によるイノベーション実現(準天頂衛星測位の活用)

WG05C

先端技術によるイノベーション実現(物流企業の経営課題)

WG06

運輸業界共通業務プラットフォームの構築

WG07

建設機械、建設業の自動化等による課題解決

 

 

各グループの代表から、これまでの活動について説明がありました。 実際の現場ではどのような課題があるのか。 複数のサポート会員が持つ技術を組み合わせることで、解決策を見いだせるか。実証実験の状況、参加して欲しい企業の募集など。それぞれの取り組みを聞いた後は、グループ別のディスカッションと並行して、他グループの見学にも積極的に参加しました。

 

 

新規会員ご紹介

  • 株式会社ヴァル研究所
  • 株式会社エー・アンド・デイ
  • サトーホールディングス株式会社
  • 株式会社データ・テック
  • 株式会社トランストロン

 

 

事務局より

  • TDBC認定ソリューション制度のご案内
  • TDBC Forum 2020予定 2020年4月15日(水)@東京コンファレンスセンター・品川
  • 9月プレスリリース 観光型MaaSの実証実験の告知 について
  • くらしの足をみんなで考える全国フォーラム 参加報告

2019.09.04-第15回会合レポート

第15回の会合は、物流業界での活躍が期待される「ドローン」と「睡眠の改善」を題材とした2つの講演、新規会員ご紹介の大きく分けて3部構成のプログラム進行でした、当日は38社59名の方が出席されました。

 

 

講演:「ドローンビジネスの最前線」

ブルーイノベーション株式会社代表取締役 熊田 貴之様

一般社団法人日本UAS産業振興協議会 (JUIDA)の運営にも携わっており、ドローン開発のパイオニア的存在でありたいという熊田氏。働き方改革や労働人口減少にはドローン、ロボット技術を連携することで人の業務を自動化し解決へ、またドローン活用は人的労力を使わない安全な点検、在庫確認も可能にします。物流の観点では屋内、外に関わらず、ドローンの離発着可能なポート:BIポートを今後増設できれば物流、警備などのサービスが実現できるとご提案いただきました。

 

 

 

講演:「今日から実践できるタイプ別睡眠力向上セミナー」

帝人株式会社 デジタルヘルス事業推進部 睡眠改善インストラクター 武田 典子様

まずは、日本人の睡眠時間が世界でワースト1位です! と改めて睡眠の問題を認識。睡眠がうまく取れないと生活習慣病リスク、免疫力低下、反応の悪さにつながる……。これらの問題をどのようにして解決するべきか、睡眠タイプのチェックをし、睡眠の問題、間違った考え(例:就寝前の入浴方法や休日の寝だめ) についてアドバイスしていただきました。 「いつもと同じ時間におきる。日光を浴びる、朝食と軽い運動、お昼寝」 などを意識し身体的、精神的に健康になることで、安全性や業務効率の向上につなげてほしい。

 

 

昨年度実施「睡眠管理に関するアンケート」について事務局から報告

昨年度のWG02「乗務員の健康増進」において、睡眠の質が向上すれば、事故件数はマイナスに、売上金額はプラスにという結果をが出ております、今一度、睡眠の重要性を認識していただきたいとお願いいたしました。
詳細については、2019年4月25日 TDBC Forum 2019の発表資料をご覧ください。

 

 

 

新規会員ご紹介

事業者会員編

  • アルピコ交通株式会社
  • 株式会社大林組
  • 三興物流株式会社
  • ジェイアール東海バス株式会社
  • 富山県トラック株式会社
  • ベイラインエクスプレス株式会社
  • マルタケ運輸株式会社

サポート会員編

  • 株式会社アポロン
  • オリンパスメモリーワークス株式会社
  • 大日本印刷株式会社
  • 帝人株式会社
  • 株式会社デンソーウェーブ

2019年度:ワーキンググループ KickOff @ウイングアーク1st六本木

第14回会合とワーキンググループキックオフの合同開催についてご報告します。

梅村会長からご挨拶

梅村会長からご挨拶

年次総会

『IT補助金の活用について』

株式会社GCAP 代表取締役 藤田祐介 氏

さくらコンサルティング事務所 代表 藤井尊則 氏

『IT補助金の活用について』

『現役プロデュサーが語る テレビ2次利用マーケティング』

千葉テレビ放送株式会社 営業部 担当部長
大林健太郎 氏

『現役プロデュサーが語る テレビ2次利用マーケティング』

WG01
「事故の撲滅と実現のための乗務員教育」

WG02
「乗務員の健康増進」

WG03
「MaaSへの取り組み SEASON 2」

WG04
「人材不足の解消、リソースシェアリング」

WG05
「先端技術によるイノベーションの実現」

WG06
「運輸業界共通プラットフォームの構築」

WG07
「建設機械、建設業における自動化等による課題解決の取り組み」

当日は81社138名の方にご参加頂きました。今後は各グループに分かれて、来年4月の成果発表に向けた活動が始まります。

2019.4.25 – TDBC Forum 2019 開催報告

 

日時 2019年4月25日(木) 開催済み
会場 東京コンファレンスセンター・品川
参加者 282社462名
議題
  1. 協議会理事より開会挨拶
    一般社団法人 運輸デジタルビジネス協議会 会長理事
    株式会社フジタクシーグループ 代表取締役 梅村 尚史
  2. 国土交通省様 ご挨拶
    国土交通省 自動車局自動車情報課 課長 田中 賢二 様
  3. 基調講演ー
    ドローン物流から、空飛ぶクルマの活用まで
    一般社団法人 日本UAS産業振興協議会(JUIDA)理事長 鈴木 真二 様
  4. マーケティングが公共交通を救う!!
    公共交通マーケティング研究会
    名古屋大学大学院 教授 公共交通マーケティング研究会 主宰 加藤 博和 様
  5. TDBCワーキンググループの成果発表
    • WG01 交通事故の撲滅とエコドライブ 交通事故の撲滅 ~エコドライブの普及とAI、IoTの活用~
      株式会社フジタクシーグループ 梅村 昇生
      株式会社システム計画研究所 安井 正直
    • WG02 乗務員の抱える健康課題へのアプローチ (眼・腰・睡眠・冬の体調管理)
      中国タクシー株式会社 達川 信二
      中日臨海バス株式会社 樋口 美惠子
      株式会社データビークル 油野 達也
    • WG03 MaaSへの取り組み SEASON1 バス事業者の苦悩と希望 〜研究から見えた実現への課題
      京王電鉄バス株式会社 横野 勝巳
      奈良交通株式会社 木村 一朗
      株式会社デンソー 瀬口 和彦
    • WG04 人材不足の解消 人材(リソース)シェア~見えた課題と新たな取り組み~
      株式会社日立物流 嶋津 慶人
    • WG05A 先端技術による業務効率化 準天頂みちびきGNSSの活用(屋内外の正確な位置情報)
      トランコム株式会社 新堀 聡
    • WG05B バックオフィス業務デジタル化とその課題 ~紙運用からの脱却~
      株式会社ワカスギ 黒木 洋平
      株式会社リオス 梅村 和孝
      サーラ物流株式会社 村上 貴弘
      谷口運送株式会社 丸山 真一
  6. 特別講演 Amazon Effect 既存の流通はどう対応すべきか
    一般財団法人 コミュニティ政策創造基盤機構 理事長 中央大学ビジネススクール 教授 中村 博 様
  7. 対談 テクノロジーを活用した移動体験の革新 ~フジタクシーグループとUberの挑戦~
    Uber Japan モビリティ 事業ゼネラルマネージャー トム・ホワイト様 (ビデオ登壇)
    Uber Japan 営業部シニアマネージャー 佐々木 裕馬 様
    株式会社フジタクシーグループ代表取締役 梅村 尚史
  8. 総括
    一般社団法人 運輸デジタルビジネス協議会 代表理事 小島 薫

 

多くの皆さまにご参加を頂きまして有難うございました。 当日の資料は、開催報告ページにてダウンロードが可能となっております。

2019.1.22 – 第13回会合レポート【ワーキンググループ参観Day】

 

日頃は別々に活動しているワーキンググループが一堂に会して、他のグループの討議を参観しました。
まもなく4月のTDBC Forumに向けて、実証実験や取りまとめにかかる時期です。

メンバーとして複数のグループに参加する時間は取れないが、気になっているテーマや課題はある、皆さん熱心に耳を傾けていました。 新年会でも、新しい技術や取り組みについての情報交換などネットワークが広がっています。

 

 

日時 2018年1月22日(火) 開催済み
会場 ウイングアーク1st株式会社
参加者 55社84名
議題
  1. 協会理事よりご挨拶
  2. トークセッション 物流ニッポン新聞社 記者  田中 信也 氏
    「貨物を止めるな!平成から〇〇 政策からみた物流の昨日今日明日」
  3. 新規会員ご紹介
  4. 事務局より TDBCご案内
  5. ワーキンググループ開催(Part1~3まで2グループずつ参観タイム)
    • PartⅠ WG04(人材不足の解消)、WG05B(先端技術による業務効率化)は参観タイム
    • PartⅡ WG01(交通事故の撲滅とエコドライブ)、WG05A(先端技術による業務効率化)は参観タイム
    • PartⅢ WG02(乗務員の健康増進)、WG03(MaaSへの取り組み)は参観タイム
  6. 新年会

2018.10.23 – 第12回会合レポート
【会合テーマ】人材の確保

「2030年の運輸業界は21万人の人手不足に見舞われる」という予測データがありますが、今すぐにドライバーが足りない、と苦慮される企業が大多数ではないでしょうか。今回は「人材の確保」をテーマに、45社59名が参加、ユニークな取り組みや地域密着の施策など、成功された事例を共有しました。

 

 

「オタク採用」

株式会社西三交通 専務取締役 廣 慎一郎 氏

 

 

求人サービスサイト等を活用しても応募者がなかなか増えない、内定を出しても辞退される。そこで「在宅、引きこもりの人達を採用できないか」「興味を持ってもらうきっかけにならないか」という観点で「オタク募集」と銘打って募集したところ応募が急増した。採用した社員に聞くと実際にオタクかどうかというよりも、「自分にも大型バスのドライバーができるかも」と、応募のきっかけになったと言われた。応募のハードルを下げるのに「オタク募集」のキーワードが大きな効果を発揮し、さらに若手採用の順調な伸びは、会社全体に活気や明るさをもたらしてる。

 

 

 

「トラック業界の現状と生きる変化に求めるもの」

東京都トラック協会 常務理事 遠藤 啓二 氏

 

トラック運送業を取り巻く課題として、国内輸送量の減少、軽油価格の乱高下、荷物の小口化、少子高齢化など様々な変化がる。一方で自動車NOx・PM法対応や東京都の排ガス規制に対応し、プロドライバーは環境と安全を真摯に取り組み、胸を張れる実績を残している。

 

活動による効果 (12年間の実績)

 

今後、トラックドライバーは、超プロフェッショナルとセミプロのドライバーの二極化が進むでしょう。
女性雇用や高齢化に伴って労働時間の短縮も求められる物流事業者は、IoTとAIを起爆剤に新たな仕組みや構造を作っていくことが必要となる。今本当に必要なのは自動運転より、「Uberのようなイノベーション技術」「ITを活用した教育システム」「事故防止のための先進技術」です。

 

 

 

「企業イメージが人を呼ぶ」

関東交通株式会社 代表取締役社長 保坂 和夫 氏

 

 

お客様ファーストで「選ばれるタクシー」を目指して接客研修の効果が出始めていることを実感してきている。ツールド栃木開催時の「サイクルレスキュー」、結婚式用の「ロンドンタクシー」など、新しい企画を積極的に実施することでメディアへの掲載も増え企業イメージアップもできた。就職先として家族も「ファーストなら」と賛成してくれる会社に変わり、応募者の年齢が若くなり未経験者も増えてきた。他のタクシー会社を調査したところ、女性採用には「スマホサイト」「無料託児所」「ご主人がOKしてくれる良質な会社」が必須ということ。人材獲得のための3要素は 1.好な企業イメージ 2.実際の企業実態 3.ネットを使った情報発信と考えてください。

 

また、ワーキンググループの最新状況も発表されました。当初は5グループでスタートしましたが、WG05は参加者が多くなり、2グループに分割となりました。

 

 

WG05A 先端技術による業務効率化

トランコム株式会社 新堀 聡 氏

 

WG05B 先端技術による業務効率化

株式会社ワカスギ 黒木 洋平 氏

 

WG04 人材不足の解消

株式会社日立物流 嶋津 慶人 氏

 

WG03 MaaSへの取り組み

京王電鉄バス株式会社 菅原 鉄幸 氏

 

WG02 乗務員の健康増進

大塚製薬株式会社 川上 智也 氏

 

WG01 交通事故の撲滅とエコドライブ

株式会社システム計画研究所 安井 正直 氏

 

(発表順)

 

 

 

2018.8.30 – 第11回会合 GLP流山見学レポート

サポート会員の日本GLP株式会社様にご協力をいただいて、最先端の物流施設を見学しました。
千葉県、常磐自動車道の流山インターから1km。つくばエクスプレス線の駅からは専用のバスが巡回しています。約50名の参加者はバスに乗り、10分ほどで江戸川近くの巨大なGLP流山Ⅰへ到着。現在完成しているⅠ、Ⅱ、Ⅲ棟合わせて10万坪もの広さですが、今後更に2棟の建設計画が進んでいるそうです。
完成したばかりのセンターは広いトラックヤードと高い天井に圧倒されます。

 

 

広く綺麗なカフェテリアで最新の設備を紹介していただきました。
施設内には労働力確保のための託児所や派遣会社事務所もあり、コンビニ、シャワーや宅配ロッカーなど働く環境の整備にも力を入れています。
また、ドライバー待機時間と荷受け業務を削減するための共同荷受けシステム、燃料備蓄、洗車場などの新しい取り組みをご紹介いただきました。

 

 

1.5tを積載可能な完全自律型ロボットのデモでは、障害物を避けて進む様子にカメラが殺到です。

 

2018.5.31 – 2017年度のWG活動で積極的に実証実験へ参加いただき、多大なる成果に貢献した中国タクシー株式会社様に感謝状を贈りました。

 

WG02 健康の増進

  • 120名を超える乗務員の健康アンケートや事故、売上相関分析のためのデータ提供
  • 睡眠の質の実証実験における効果測定への協力

 

WG04 人材不足

  • タクシー乗務員の人材流通のための意識調査への協力