くらしの足をみんなで考える全国フォーラム 2019に参加出展しました。

お知らせ

少子高齢化が進む中で、日常の通院や買い物等に困難を抱える人々が全国で増え続けています。このくらしの足の問題を解決するために、当事者、行政職員、研究者、バス・タクシー事業者、福祉・介護・医療の従事者、NPOなど、多くの関係者が集まり、地域を越え、立場を越え、利用者・生活者の目線をベースとして本音で語り合い、それぞれが抱える問題解決のヒントを得る「気づき」の場として開催されています。 TDBCのアドバイザーである名古屋大学の加藤教授が、実行委員会副委員長を務められています

くらしの足をみんなで考える全国フォーラム

 

 

10月26日、27日  @東洋大学 白山キャンパス  347名参加

 

TDBCは「地域活性化のためのMaaSと非就労者の掘り起こし」として、貨客に関連した活動を中心に発表しました。 WG03の奈良MaaS実証実験や、WG04の非就労者支援、Uberと既存タクシー企業との連携について注目が集まりました。

 

 

バス事業者タクシー事業者や、国交省、自治体の方々と情報交換し、実証実験をベースにしたTDBCの特長を紹介し認知度アップに努めました。