お知らせ

くらしの足をみんなで考える全国フォーラム 2020に参加しました

少子高齢化が進む中で、日常の通院や買い物等に困難を抱える人々が全国で増え続けています。

新型コロナウィルス対策事例

新型コロナウィルスは運輸業界にも深刻かつ多大な影響を与えています。
TDBCでは、コロナ禍に立ち向かう会員の皆様の事例を公開することで、ひとつでも対策のヒントになればと考え様々な取り組みをお知らせしていきます。より詳細な内容などをご希望の場合は事務局までお問合せください。

加工食品物流におけるQRコードによる検品時間の短縮に関する 実証実験に参加 〜ドライバー業務の効率化を検証し、サプライチェーン全体の課題解決を視野に実践〜

ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 潤、以下ウイングアーク1st)と一般社団法人運輸デジタルビジネス協議会(本社:東京都港区、代表理事:小島 薫、以下TDBC)は、「加工食品物流における生産性向上及びトラックドライバーの労働時間改善に関する懇談会」(事務局:国土交通省)において2020年3月に実施されたQRコードによる検品時間の短縮に関する実証実験に参画し、ドライバー業務の効率化の実践について検証しました。

運輸事業者の健康リスク対策!ドライバーの健康と乗客の安心安全を守るための支援を実施

タクシー、トラック、ダンプ、バスの運輸事業会社とICTなどのサポート企業による「運輸デジタルビジネス協議会」(以下TDBC:Transportation Digital Business Conference)は、2016年8月9日に発足し現在会員数130社。運輸業界の安心・安全・エコロジーな社会基盤への変革を支援することを目的に積極的に活動しています。

TDBC認定ソリューション第一号を発表 JICONAX(ジコナクス)運輸会社の安全管理・労働時間管理はこれひとつで

運輸デジタルビジネス協議会(以下、TDBC)は、運輸業界とICTなど多様な業種のサポート企業が連携し、デジタルテクノロジーを利用することで運輸業界を安心・安全・エコロジーな社会基盤に変革し、業界・社会 に貢献することを目的として活動しています。運輸業界の課題を解決する優良なソリューションや技術を、会員内外で積極的に発掘、企画、開発し、協議会認定などの方法により会員内外に提供しています。交通事故ゼロ、持続可能な公共交通や物流インフラの実現を業界を超えた社会共通の課題としてSDGs達成に貢献します。

くらしの足をみんなで考える全国フォーラム 2019に参加出展しました。

少子高齢化が進む中で、日常の通院や買い物等に困難を抱える人々が全国で増え続けています。このくらしの足の問題を解決するために、当事者、行政職員、研究者、バス・タクシー事業者、福祉・介護・医療の従事者、NPOなど、多くの関係者が集まり、地域を越え、立場を越え、利用者・生活者の目線をベースとして本音で語り合い、それぞれが抱える問題解決のヒントを得る「気づき」の場として開催されています。 TDBCのアドバイザーである名古屋大学の加藤教授が、実行委員会副委員長を務められています

第1回関西物流展で招待講演します。

会期

2019.11.2729  10:00-17:00

会場

インテックス大阪

主催

関西物流展 実行委員会

後援

経済産業省 近畿経済産業局、国土交通省 近畿運輸局、大阪府、大阪市、堺市、兵庫県、神戸市、公益財団法人関西経済連合会、大阪商工会議所、一般社団法人大阪卸商連合会

プレスリリース

訪日外国人向け観光型MaaS「くるり奈良」実証実験を開始
〜奈良の魅力をAIが自動配信、誘客・移動・回遊をシームレスに連携〜

Smart Drive Magagineに、代表の小島と事務局長の鈴木のインタビュー記事を掲載して頂きました。

「より安心・安全・エコな社会を」運輸業界に変革をもたらすTDBCが伝えたいこと

乗務員の睡眠管理に関するアンケート調査結果のご報告

2018年度のWG02「乗務員の健康増進」のワーキンググループ活動の一環として、昨年(2018年)10月〜11月に「乗務員の健康管理に関するアンケート調査」を実施しました。