ワーキンググループ


ワーキンググループについて

目的
1社では解決が難しい運輸業界の課題に対して、複数の企業や業界を横断したグループメンバーで議論、様々な技術や解決策の検討、実証実験などを通して、実効性のある成果を上げるオープンイノベーション活動です。
参加資格
一般社団法人 運輸デジタルビジネス協議会会員
参加費
無料、ただしワーキンググループ(WG)で積極的な議論や実験への参画をお願いします。
お申込
ご希望のWGをTDBC事務局までご連絡ください。(unyu.co@wingarc.com)

今年度の研究テーマ

WG01
事故撲滅と実現のための乗務員教育 乗務員教育の取り組み事例研究と、デジタル機器活用による事故撲滅メソッドの追求
WG02
健康経営の推進と健康課題解決 健康経営の推進と健康課題(睡眠、循環器、注意力・集中力、SAS等)の解決への取組み
WG03
MaaSへの取り組み 人流分析による持続可能な地域の移動最適化と、働き方改革と地域活性化を両立するMaaS×ワーケーションの検討
WG04
運輸業界の人材、働き方改革 改善基準告示による労働時間等の改善と賃金問題、人材不足など、コロナ禍における人材育成、採用と働き方改革、環境改善の取り組みなど
WG05
動態管理プラットフォームの社会実装と活用 実証実験を終えた動態管理プラットフォームを社会基盤として新たな価値の創造やサービスを検討する
WG06
運輸業界共通プラットフォームへのはじめの一歩からその先へ RPAやシステム連携の簡便化によりコストをかけずに共通プラットフォームによって実現する「つながる世界」
WG07
遠隔操作・自動化で実現する安全・安心な作業現場と迅速な災害対応 建設業における重機の遠隔操作と自動化による課題解決、新たな人材の創出、育成、災害救助・復旧の取り組み
WG08
無人AI点呼実現への挑戦 非対面・無人点呼実現に向けて、特に乗務員の健康状態の確認にフォーカスしてAI、各種生体センサー等による実証、開発を行う
WG09
SDGsおよび環境、エコドライブ 運輸業界でのSDGs推進と環境・エコドライブ等の実践の取り組み

※この内容は集まったグループメンバーの意向によって変わる可能性があります。


活動概要

今後の予定
8月13日(金) 第一回メンバー募集締め切り
8月下旬 各ワーキンググループキックオフ (Web開催)



2022年7月 全ワーキンググループ成果発表(TDBC Forum 2022にて)
会合について
  • 原則はWeb会議ソフトZoomなどで開催
  • 必要に応じてウイングアーク1st本社・営業所 またはWGメンバ企業各社にて開催
  • 1か月あたり1回~1.5回程度の会合開催(2020年度実績)

2019年度:ワーキンググループ KickOff @ウイングアーク1st六本木

第14回会合とワーキンググループキックオフの合同開催についてご報告します。 梅村会長からご挨拶 年次総会 『IT補助金の活用について』 株式会社GCAP 代表取締役 藤田祐介 氏 さくらコンサルティング事務所 代表 藤井 […]

2018年度:ワーキンググループ KickOff @ウイングアーク1st六本木

WG全体の参加メンバーは、昨年比6割増で100名となりました!テーマごとに5つのグループに分かれて、課題や背景、自社の現状などを共有して、今後1年間のアプローチを検討しました。